CentOSにnode.jsをインストールする

JavaScript力向上の為、node.jsで何か作ってみようと思いインストールしてみた。

環境

CentOS 6.3

依存パッケージのインストール

1
$ yum install git openssh-devel

nvm(node.jsバージョン管理)のインストール

node.jsのバージョン管理はnvmの他にnodebrewnodeenvがあるらしいが、初めてなので安直にStarが多かったnvmを利用してみる。

1
$ curl https://raw.github.com/creationix/nvm/master/install.sh | sh

~/.bash_profileを確認すると次の設定が追加されていた。

1
[[ -s /root/.nvm/nvm.sh ]] && . /root/.nvm/nvm.sh # This loads NVM

反映

ということで反映

1
$ source ~/.bash_profile

サブコマンドの補完

nvmコマンドは使えるようになったが、サブコマンドの補完が効かないので以下の設定を ~/.bash_profile または ~/.bashrc に追加

1
[[ -r $NVM_DIR/bash_completion ]] && . $NVM_DIR/bash_completion

設定を反映させたら nvm [tab][tab] でサブコマンドの補完が効くようになる。

1
2
3
$ nvm
alias          copy-packages  help           list           ls             run            uninstall      version
clear-cache    deactivate     install        list-remote    ls-remote      unalias        use

node.jsのインストール

サブコマンド「ls-remote」で利用可能なnode.jsのバージョンが確認できるので表示させてみる。

利用可能なバージョンの確認

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
$ nvm ls-remote
   v0.1.14     v0.1.29    v0.1.100      v0.3.3      v0.4.9      v0.6.0     v0.6.15      v0.7.8     v0.8.10      v0.9.1     v0.10.3
   v0.1.15     v0.1.30    v0.1.101      v0.3.4     v0.4.10      v0.6.1     v0.6.16      v0.7.9     v0.8.11      v0.9.2     v0.10.4
   v0.1.16     v0.1.31    v0.1.102      v0.3.5     v0.4.11      v0.6.2     v0.6.17     v0.7.10     v0.8.12      v0.9.3     v0.10.5
   v0.1.17     v0.1.32    v0.1.103      v0.3.6     v0.4.12      v0.6.3     v0.6.18     v0.7.11     v0.8.13      v0.9.4     v0.11.0
   v0.1.18     v0.1.33    v0.1.104      v0.3.7      v0.5.0      v0.6.4     v0.6.19     v0.7.12     v0.8.14      v0.9.5     v0.11.1
   v0.1.19     v0.1.90      v0.2.0      v0.3.8      v0.5.1      v0.6.5     v0.6.20      v0.8.0     v0.8.15      v0.9.6
   v0.1.20     v0.1.91      v0.2.1      v0.4.0      v0.5.2      v0.6.6     v0.6.21      v0.8.1     v0.8.16      v0.9.7
   v0.1.21     v0.1.92      v0.2.2      v0.4.1      v0.5.3      v0.6.7      v0.7.0      v0.8.2     v0.8.17      v0.9.8
   v0.1.22     v0.1.93      v0.2.3      v0.4.2      v0.5.4      v0.6.8      v0.7.1      v0.8.3     v0.8.18      v0.9.9
   v0.1.23     v0.1.94      v0.2.4      v0.4.3      v0.5.5      v0.6.9      v0.7.2      v0.8.4     v0.8.19     v0.9.10
   v0.1.24     v0.1.95      v0.2.5      v0.4.4      v0.5.6     v0.6.10      v0.7.3      v0.8.5     v0.8.20     v0.9.11
   v0.1.25     v0.1.96      v0.2.6      v0.4.5      v0.5.7     v0.6.11      v0.7.4      v0.8.6     v0.8.21     v0.9.12
   v0.1.26     v0.1.97      v0.3.0      v0.4.6      v0.5.8     v0.6.12      v0.7.5      v0.8.7     v0.8.22     v0.10.0
   v0.1.27     v0.1.98      v0.3.1      v0.4.7      v0.5.9     v0.6.13      v0.7.6      v0.8.8     v0.8.23     v0.10.1
   v0.1.28     v0.1.99      v0.3.2      v0.4.8     v0.5.10     v0.6.14      v0.7.7      v0.8.9      v0.9.0     v0.10.2

release notesを確認すると現時点ではv0.10.5がstableなのでこいつをインストールする。

v0.10.5のインストール

1
nvm install 0.10.5

Aliasの設定

新しくshellを立ち上げたり再起動をかけるとnvmの設定がリセットされるようなのでデフォルトのバージョンを設定する。

1
$ nvm alias default 0.10.5

とりあえずこんな感じで大丈夫なのかな。

参考

Node Version Manager

Comments