openFrameworks サンプルのビルドで迷走中

iyamaです。

今日はタイトルの通りopenFrameworksで迷走中です。泣。。

前回(openFrameworks を試してみるよ) からの続きでopenFrameworksを試しております。

前回はテンプレートみたいなのをインストールしたのに、Xcodeの新規プロジェクトでopenFrameworksのテンプレート出てこないじゃない! そんな感じで終了していました。

今回はアプローチをちょっとかえて、まぁサンプルが動けばいいじゃない。 新規プロジェクトはサンプルから派生するパターンの方が多そうだし。 と言うことで、サンプルプロジェクトのビルドを目的とします。

まず、サンプルっていっても、先人の方々が言ってるサンプルファイルが見つからず、迷走。 結局サンプルは日本語サイトからはリンク切れで行けず、 英語の本家サイトからダウンロードしなければなりませんでした。なんてこった。 以下からダウンロードできます。

OF download ※ダウンロードは自分の環境にあったものを選びましょう。 今回はosxのxcodeからダウンロードしました。

では、サンプルプロジェクトのビルドに着手しましょう。

環境

  • Mac OS X (Lion)
  • Xcode 4.2.1

ダウンロードしてきたサンプルのセットを解凍すると、 apps > examples にサンプルプロジェクトがたくさんあります。 今回は本家サイトのsetup guideでも紹介されている graphicsExample を使用します。

openFrameworksのプロジェクトは以下のような構成になっています。

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
[graphicsExample] ※プロジェクトのフォルダー
  |
  +- [bin]
  +- graphicsExample.xcodeproj
  +- openFrameworkds-Info.plist
  +- Project.xcconfig
  +- [src]
      |
      +- main.cpp
      +- testApp.cpp
      +- testApp.h

大事なのはsrcフォルダー以下。 main.cppが実行され、testApp.cppが呼び出されます。 実際のコーディングはtestApp.cppで行うことになります。

次に、Xcodeから操作していきます。 graphicsExample.xcodeprojを開きます。 Xcodeからプロジェクトのツリーを見てみると、 実フォルダー内のファイルの他に以下のように表示されます。

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
▼[graphicsExample]
  openFrameworks-Info.plist
  Project.xcconfig
  ▼[src]
    main.cpp
    testApp.cpp
    testApp.h
  ▼[openFrameworks]
  ▼[addons]
  ▼[frameworks]
  graphicsExampleDebug.app

追加されているフォルダーの部分がopenFrameworksのテンプレートというか フレームワークの部分になります。

それで、早速サンプルをビルド(command + B)してみたのですが、ここでうまくいかない。 openFrameworks内の今回は関係ないであろうQuickTime関係のライブラリで引っかかってる。 未宣言の識別子があるとかないとか。。

ここまでにもはしょってるけど、Xcodeがわからなさすぎて迷走。 悲しいけど、だいぶ長くなってきたので、次回に持ち越します。 Lionだからかな?パスがあってないだけっぽい気もするけどな。。

Comments