VisualC++でWindowsMediaPlayer Plug-in Wizardを使う

chakemiです。先日のmindmapsですが、即効でnoto氏に 「こういうのじゃないんだよなぁ」とバッサリ切り捨てられました。。。

まぁ、どんなのがいいのかは判っていたのでダメージ0ですが。

本日は、WindowsMediaPlayerのplug-inを作成するWizardをVisualC++2010Expressで使う際のメモ。

開発環境

  • Windows7 Professional 32bit
  • VisualC++2010Express
  • WindowsSDK

まず、最新のWindowsSDKをダウンロードします。 http://msdn.microsoft.com/ja-jp/windows/bb980924

インストールが完了したら、Plug-in Wizardをインストールします。 インストールには、以下の3つのファイルを使用します。

1
2
3
wmpwiz.ico
wmpwiz.vsdir
wmpwiz.vsz

デフォルトでは以下のフォルダから選択できます。

1
C:\Program Files\Microsoft SDKs\Windows\v7.1\Samples\multimedia\WMP\Wizards\wmpwiz

選択した3つのファイルをVisualC++がインストールされているフォルダにコピーします。 デフォルトでは下記になります。

1
C:\Program Files\Microsoft Visual Studio 10.0\VC\Express\VCProjects

コピーの際、wmpwiz.vszを念のため、Wmpwiz.vszにリネームしておきます。 Wmpwiz.vszをメモ帳などで開き、下記の行を修正します。

1
2
3
4
5
6
7
Wizard=VsWizard.<VsWizardEngine version goes here>
↓↓↓
<font color="red">Wizard=VsWizard.VsWizardEngine.10.0</font>

Param="ABSOLUTE_PATH = <path to wmpwiz directory goes here>"
↓↓↓
<font color="red">Param="ABSOLUTE_PATH = C:\Program Files\Microsoft SDKs\Windows\v7.1\Samples\multimedia\WMP\Wizards\wmpwiz"</font>

これで、準備完了。 VisualC++を起動すると、

Windows Media Player Plug-in Wizardが追加されました! Wizardテンプレートを選択し、プロジェクト作成を開始すると

作成するplug-inの形式を選択することができます。 適当に選んで、プロジェクト作成完了です!